2013年6月アーカイブ

ピアノ搬入(6/16)

030039041

2013-05-24読売 80歳三浦さん登頂成功

2013-06-29大手前大学震災VN表2013-06-29大手前大学震災VN裏

Flower Path  Snow Path

Road of Harmony 陸前高田への“響きの道”

「かっての愛用のビオラの表板の交換修理しかけて放置し、忘れかけていたが、最近、屋根裏からでてきた!」と盟友MY氏から聞いた。そこで、新たな表板(修復材)は、陸前高田の瓦礫と化した「“震災“松」が相応しいと考えた私は、流木松の調達を地元で製材所を営む村上富夫氏に依頼した。427日から開催の[善光寺出開帳](於東京・両国)の準備等で、何かと多忙な村上氏だが「表札の厚さ位でよいのですね。心をこめて挽かさせていただきます。」と快諾を得ることができた。

私は昨年3月11日に陸前高田を訪れた際に、偶然、“震災スキー”を発見したが、やっかいな行政折衝等地元対応は、当時まだ知り合って間もない村上さんがやってくださった。

以来、摂生は、“説明できない大事なもの”を大切にしていかねばならないことを学んだ。彼に被災地・東北人の美しい魂をみることができ、覚悟を決めた方と思うようになった。

“木”を扱う建築家であり、弦楽器奏者でもあるスパーアマチュアリズムの代表格のMY氏は、ヴィオラを奏でることはもちろんだが、自分の手でヴァイオリンやビオラをつくることができる異能な人物だ。

MY氏は、近々、生まれ変わった柾目板「厚さ42mmx幅125mmx長さ440mm」向き合うことになるだろう。見事ヴィオラが復刻・修復された暁には、我が財団代表理事のヴァイオリン・ドクター中澤宗幸先生の“震災(TSUNAMI)ヴァイオリン”と同様に、多くの人々の心に、訴えることができるだろうと思うと、我が心魂は揺れ動かされて震えがきそうだ。

三浦 雄一郎先生の快挙

2013-05-30読売 三浦雄一郎1983-02-07三浦サイン2007-01-08三浦雄一郎

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。