2011年10月アーカイブ

漱石句碑 奉納式(10/30)

041044

漱石句碑建立については、<928B体験農場>http://keninternational.net/928b/ も、ご笑覧ください。

062

準備大詰め(10/28)

001

漱石句碑[除幕式(奉納式)](10/30於 善光寺)用立て看板作製作業

006010014

夏目漱石句碑建立作業(10/26)

015

善光寺様はじめ多くの方々のご支援・ご協力により、竣工間近に迫りました。

019024

漱石句碑建立作業については、<928B体験農場>http://keninternational.net/928b/ も、ご笑覧ください。

012

’’旗を掲げる’’(10/13)

2011-10-13 003

▲長野駅前「平安堂」2階に掲出されたポスターと漱石句(159cm)

2011-10-11-005

▲国宝善光寺境内の漱石句碑建立予定地前通路は、【通学路】でもある

2011-10-12 チラシ

寒露

001.JPG 027.JPG

漱石句碑建立と記念講演会(10/30)

[いきてあおぐ そらのたかさよ あかとんぼ] 国宝善光寺境内(東公園)に、刻まれるこの句は、明治43年(1910年)の「修善寺の大患」を経て、その療養中に詠まれた漱石の代表的句の一つである。10月30日(日)は、午前11時頃より「奉納式及び除幕式」 午後1時からは、記念講演会を開催するため、昨日(10/8)も、今日も永井代表世話人と二人で、当日の「タイムテーブル」を考えたり、チラシやポスターの校正したり、結構「長野漱石会」のことで忙しくなってきた。

ナガノは、この秋、漱石に染まる。

004.JPG007.JPG010.JPG2011-10-03 信毎 漱石 命救われ癒しの門番.jpg 

ナガノは、この秋、漱石に染まる。

このところ、「長野漱石会」関係のことで、動き回っていることが多い。10/30(日)昼前は、漱石句碑奉納式と除幕式を行い、午後からは、漱石句碑建立記念講演会を善光寺事務局3階講堂で開催する段取りで、今日(10/6)も永井代表世話人にお供して、善光寺事務局へ伺った。その後、善光寺境内(東公園)の漱石句碑建立現場で、関係者と、設置位置や最終デザインの検討及び意見交換。最大の課題は、当日村石達哉ヴァイオリン・トリオが演奏を開始する10時半頃から、この周辺に、赤蜻蛉がいっぱいやってきてくれるかどうかだ。赤蜻蛉をどう集めたら、「(ちょうど、100年前)善光寺に参拝して良かった」と云って苦沙弥先生は悦んでくれるだろうか。このあたりのお知恵を、皆様に拝借いたしたい。!!

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。