2011年9月アーカイブ

005.JPG011.JPG002.JPG

--4 講演『道楽と職業』(8.13 明石)--

道楽と職業には「己の為にする仕事(道楽)」「人の為にする仕事(職業)」の関係がある。職業の分化発展による孤立支離の弊は、交際や文学書などで矯めなければならない。職業は他人本位であるが、自己本位の道楽的職業もある。---川野純江先生のレジュメより

オリエンテーションのフィナーレを飾るに相応しい川野純江先生の集中講義で、会場を埋め尽くす熱心な受講者の皆様の真剣さが伝わってくる漱石講演会となった。講演会終了後、4名の参加者の方々より、10月末、国宝善光寺境内に建立予定の漱石碑の協賛金の申し出を承り、事務局としても大変ありがたく感激。

「道楽」
木村 宣彰(きむら せんしょう)(仏教学 教授)

 一般に道楽といえば、本職を忘れて酒色や博打などの遊興にふけり放蕩することを意味する。真面目に職業に励む者と道楽とは水火の関係にある。このように悪い意味にとられる道楽という語がどのように仏教と関わるのであろうか。
 明治四十四年二月に博士号を辞退して話題をさらった夏目漱石は、その年八月に海水浴で賑わう明石で「道楽と職業」と題して講演を行った。人のため、社会のためにするのが職業で、「お酒を飲んだり、又は花柳社会に入ったりする、俗に道楽息子と云ひますね、あゝいふ息子のする仕業、それを形容して道楽といふ」と言葉の意味を述べ、要は自己本位の生き方の最たるものが道楽であると語り、続けて漱石は、善い意味の道楽というものがあるかどうか知らぬと断りながら、修行に励む禅僧の生き方をもっとも極端な道楽生活となす。悟りのために凡てをなげうって「黙然と坐している事が何で人の為になりませう。善い意味にも悪い意味にも世間とは没交渉である点から見て彼等禅僧は立派な道楽ものであります」と演説した。修行に励む禅僧を立派な道楽ものと断じた漱石は流石である。
 道楽という語は、もとは仏道を求めるという意味である。仏教では「ドウギョウ」と読む。楽は願と同義で、仏道を楽(ねが)うのが道楽の原意である。この「道楽(どうぎょう)」の意味が転じて、例えば『法華経』に「道を以て楽を受く」と説くように、道を修めて得られる「楽しみ」「悦び」を表すようになる。仏典に「今、已に道楽を得る」と説いているように、もと仏の道を求めることを意味した道楽が、道を修めて得られる結果の法悦を表すようになる。
 道楽が世俗の快楽と異なることは言うまでもない。両者を混同しないように「楽に二種あり。俗楽と道楽となり」と仏典は説く。刹那の俗楽に耽ることなく、迷妄を脱して確かな道楽を求めなくてはならない。ところが、仏道を求める「道楽(どうぎょう)」の心も、また道を修めて「道楽(どうらく)」を得る力もない我ら凡夫は、ただ卑近な俗楽をもって「道楽をする」より他ないのであろうか。

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 夏目漱石

夢実現に20年余:滝沢主税先生

2011-09-06 信毎  3、11         002.jpg

2011-09-09 跳躍 棒術.jpg

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 夏目漱石

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。